気になる事やものが色々と有ります

今は、普通に生活しているだけでは知らないような商品もインターネットを開けば、色んな商品を知ることができます。美容をアイテムやダイエット用品、サプリメントや医薬品など、インターネットだからこそ人気があるというものも色々あるような気がします。

そこで、そんなアイテムの中から気になったものを取り上げて、色々と思ったことをかいて行こうかなと思いこのサイトを立ち上げてみました。

ジャンルもそれぞれになるような気がしますが、とりあえず、自分の気になったものから順番に掲載し、そのうちまとめて行こうかなと思っています。

関節の調子が気になり始めています

若い頃は、多少高い所から垂直に飛び降りても全然平気でしたが、たぶん、今やったら股関節か膝を破壊してしまう気がします。

恐ろしくて、よほどの事でも無ければ、そんな事出来ません。

正座をすれば、脚がしびれてくるものですが、今では、あぐらをしていても脚がしびれる事が有ってびっくりします。そのくらい、体の関節の柔軟性が損なわれ、軟骨もすり減り節々が弱ってきているのだと思います。

そんな体の状態をちゃんと確認せず、何も対策しないで過ごしていると、そのうち、少し走る事すらも辛くなるんだろうなと思わざるを得ません。

そこで、膝の健康を保つ為、いつまでも元気な足腰をできる限り維持していければなという事で関節痛サプリメントについて調べ、実際に良さそうなものがあれば、続けてみようと思っています。

関節のサプリメントと言えば、成分として人気なのがグルコサミンやコンドロイチン。

これらを豊富に含んだサプリメントを継続する事で、関節の健康を保つ有効性が確認されています。中には、体内に入る時に分解されて、意味が無いというような情報も有りますが、じゃあ、それで何もしなければ、良くなる事は有りません。

関節の調子が気になる、気になり始める年齢に差し掛かったように感じるなら、サプリメントの方でバランスが考えられているので試してみる価値はありそうに思えました。

排卵検査薬をネットから購入する場合

日本では、排卵検査薬をネットで通販できなかったという事を知りました。薬とかも結構購入できるイメージを持っていただけに少し驚いたのですが、おそらく個人輸入と混同していたからかもしれません。

今は、通販も解禁に向けて動いているという事で、近い将来、日本でも排卵検査薬が色々選んで購入できるようになるかもしれません。

個人輸入であれば、薬の通販が可能なのは、薬事法でも認められています。これは、国内では未承認でも何らかの症状に対しての薬が必要な場合、それを海外から入手して使う分にはやむを得ないという認識のようです。

なので、医者によってもそうやって薬を入手して、患者に用いるケースもあるそうですが、私たちのような一般人は、自分で使う事に限って購入が可能だそうです。

この辺のルールもちゃんと理解しておかなければ、ちょっと難しそうです。

ちなみに、私の知り合いは、少し前に排卵検査薬を個人輸入で購入したと言ってましたが、海外からでもそんなに時間がかからず届いたから普通の通販と変わらない感覚だったと言ってました。

私もこれを知った後に、海外からサプリメントなどを注文してみたのですが、特に難しい手続きもありませんでした。そうなると、薬でもサプリでもそんなに手間は変わらないという事ですね。

女性は男性よりヘルペスを再発しやすい

女性は、男性よりヘルペスを再発しやすく、月経や妊娠などでも起こりやすくなるそうです。

どうやら、妊娠すると、身体の免疫機能が胎児を異物として攻撃する事が無いように防衛機能を抑えるそうです。

そうなると、ヘルペスが再発しやすくなるので厄介です。

ヘルペスウイルスは、過労やストレスなどで免疫機能が衰えると活性化するウイルスとして知られていますので、妊娠も同じような状態となります。

ヘルペスを抑制するにはバルトレックスが有効ですが、この薬は薬価が高く保険適用外で購入すると費用がバカにならない事でも知られています。また、妊娠中に使っても問題無いのかも気をつけなければならないところ。

また、病院でバルトレックスを処方してもらう場合は、口唇ヘルペスなら5日分、性器ヘルペスなら10日分、成人の水痘なら5日~7日分、帯状疱疹なら7日分と事細かく決められているようです。

薬の影響が関わってくるのは、妊娠後4週目移行らしいですが、万が一という事も考えて服用を控えたいなら、ヘルペスの塗り薬などを用いた方が良いかもしれません。海外では、アブレバなどの市販薬も有効なようです。

子供も元気に成長し、ヘルペスも発症しないのがベストですが、もしも発症した時の事を考えて、何らかの手段を備えておく事も必要なのかもしれません。

アントシアニンよりもルテインが目に良い?

目の健康にはブルーベリーが良いという事ですが、これは、元々アメリカ空軍のエースパイロットがブルーベリーを毎日食べていて、長時間フライトでも視力が落ちていなかった事が発端だったなんて言われています。

その人がたまたま超人的だっただけのように思えなくもありませんが…。

とりあえず、海外からサプリメントなどを買うタイミングでドライのブルーベリーが有ったので試してみる事にしました。ブルーベリーには、アントシアニンが豊富で、血中コレステロールを除去したり、抗酸化作用があるそうです。

もう一つ目の健康に関わりの深い成分と言えば、ルテインですが、こちらは、実際に加齢黄斑変性症や白内障の予防にも用いられています。それに、サプリメントもあるので、こっちの方が適任かなと思ってます。

オーガニックのマリーゴールド(食用)から特許製法(フローラグロー)によって抽出精製する事により、すでに体内で使われる状態へと変化したルテインを効率的に摂取できるサプリメントがあります。

ルテインのサプリメントを選ぶ場合は、このように確立した製法があるそうなので、体の事を考えると品質的にもこれが良さそうでした。

アタマジラミが流行中?

ここ数年、アタマジラミの被害件数が増えているそうです。
”流行”という言葉を使うと、私の頭の中では、食べ物やファッションというイメージが強いのですが、こうした寄生虫やインフルエンザなども流行となるもの。

流行の定義を調べてみても、そんな感じでした。

そもそも、アタマジラミってどういうもの?
と思って調べてみたら、何やら体調は、成虫で2mm~4mm程度でやや茶褐色の色。

卵は乳白色らしく、これが、頭髪の根元に近い部分に産み付けられ、1週間~10日でふ化するそうです。

最初は、幼虫の状態で吸血し栄養を蓄えて、二度ほど脱皮して成虫になるのだとか。
このサイクル全てが人の頭の上で行われていると考えると…。

「うわー、気色悪い…。」
そう思ってしまいますね。

しかも、繁殖力も強く、放っておくとうじゃうじゃになる危険性もあるのだとか。さすがに、すぐにではないと思いますが、アタマジラミが居る事に気づかないことも多いらしく、そんな事も普通なんだとか。

じゃあ、アタマジラミを退治するにはどうしたら良いの?

そう思ってシラミ駆除について調べてみたら、最近は、従来の市販薬が効かない種類も増えてきているらしく、そういうアタマジラミも殺虫できる駆除剤を選ぶのが良いという事でした。

アタマジラミに寄生されないよう注意するのは大事ですが、もしも、見つけてしまったら、早めに処置したいところですね。